MENU
CLOSE
TOP » どんなメリット・デメリットがある?部分入れ歯の種類 » ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー

他の歯に影響を与えず、誰でも物が噛めるようになる、ミラクルデンチャーのメリットとデメリットをご紹介します。

1本でも歯があれば適用できて、長く使える部分入れ歯・ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャーとはどんなもの?

ミラクルデンチャーは、他の入れ歯と違い、残っている他の歯に負担をかけずに装着できる入れ歯です。一本でも歯が残っていれば、安定して噛む力を取り戻すことができるので、誰にでもオススメできる入れ歯です。

ミラクルデンチャーのメリット・デメリット

メリット ・他の歯に力がかからず、揺すってしまうことがない
・歯が1本でもあれば装着可能
・上顎の口蓋が抜けているので、食べ物本来の味がわかる
・前歯でも目立たないので、人からわかりにくい
・自分の歯だと錯覚するくらい軽い
・壊れたり歯が抜けたりしても、修理ができる
デメリット ・時々調整が必要になる
・最初は着脱が難しく感じる人もいる
・講習を受けた医師でないと調整ができない
・あらかじめ残存している歯の治療が必要

どんな人に向いているの?

不適応はあるのか 不適応になることはほとんどない
素材 樹脂 維持装置部分は金属
コーティング 銀イオンコーティングで口内環境を安全に保つためのコーティングが塗布してある

いま使っている部分入れ歯では味がわからない方や、他の入れ歯ではどうもフィットしない人、痛みやしゃべりにくさを感じる人にオススメ。歯が1本でも残っていれば装着できるので、誰でも利用できます。

ミラクルデンチャーの費用

ミラクルデンチャーの愛用者の口コミ

ブリッジの被せ物をしていた時よりもきれいになりました!

ブリッジで審美歯科治療を受けていましたが、もうその歯もダメになってしまったので、ミラクルデンチャーを選びました。しっかりフィットするので、噛み心地がいいです。見た目もブリッジよりきれいになりました。(50代 女性)

異物感がないので満足!コンパクトな入れ歯になりました

以前は大きな入れ歯を使っていたので、口の中の違和感があり、見た目も気になっていました。そこで紹介されたミラクルデンチャーは、上あごの床が小さいので違和感がなくなりました。(30代 女性)

保険診療の入れ歯とは大違い!不快感が改善!

前は保険診療の入れ歯を使っていましたが、食べものが歯の間に挟まったりしてとても不快でした。ミラクルデンチャーに変えてからは、入れ歯をしていることを忘れるくらい違和感がなくなりました!(40代 女性)

どの部分入れ歯が良い?
表で見比べてみる>>

首都圏版部分入れ歯名医一覧

クリニックの選び方

どんなメリットデメリットがある?部分入れ歯の種類