部分入れ歯を上手に選び、快適に暮らすための情報をまとめました

費用目安

たくさんの種類がある部分入れ歯。保険適用、自費診療で作れる代表的な部分入れ歯の費用目安を紹介しています。

保険適用の部分入れ歯にかかる費用

部分入れ歯には「保険適用」と保険適用外の「自費診療」があります。

要望や予算、また歯の症状によってどちらかを選択して製作。装着することになります。保険適用の部分入れ歯の場合、料金は5,000~15,000円程度(上下どちらか片方の価格)です。

初めて診察を受ける場合には、虫歯や歯周病などの治療時に歯科医院を受診するのに必要な初診費用、これに検査・管理費用、レントゲン費用などが必要となります。

自費診療(保険適用外)の部分入れ歯にかかる費用

「自己負担」で作る「保険適用外」の部分入れ歯の場合は、選択する入れ歯によって費用が大きく異なります(下記はおおよその価格です)。

コーヌス・テレスコープ義歯

入れ歯本体の費用 (約20~30万円)、土台の歯にかぶせる金属冠の費用 (1本約10~16万円)

スマイルデンチャー

10万円~20万円(上下どちらか片方の値段)

ミラクルデンチャー

15万円~(上下どちらか片方の値段)

シリコン義歯

約10~20万円(片方の入れ歯にシリコンを貼り付ける費用。入れ歯本体の値段は含まず)

ホワイトクラスプ

約2~3万円(ホワイトクラスプ1装置分)

アタッチメント義歯

約1~10万円(アタッチメント1装置の価格。アタッチメント装置の種類によって金額差あり。なお磁性アタッチメントは1装置5万円前後。入れ歯本体の費用は別途)

ウェルデンツ

1歯あたり43,200円程度~

医療控除の対象になる部分入れ歯

部分入れ歯治療にかかった費用は「医療控除」の対象になります。これは、1年間に10万円以上(申告額は200万円が限度)の医療費がかかった際に、所得税の一部が戻ってくる制度です。

「医療控除」は本人に加え、生計を同じにする配偶者や親族の医療費にも適用され、翌年の3月15日までに申告すると税金が還付または軽減されます。なお給与所得控除後の金額が200万円までの人は、所得額の5%以上の医療費がかかった場合に申告できます。 

長い目で見ると自己負担の部分入れ歯がおすすめ

自己負担の部分入れ歯は、それなりの費用がかかります。それは部分入れ歯の技術レベル、使用材料(保険治療に使われる材料には制限がある)、見た目や機能などが違うからです。

保険適用の部分入れ歯は5,000円程度からと安価ですが、決まった種類しか選ぶことができず、装着したときに違和感が生じ、また耐久性も劣ります。ダメになってしまえば、そのたび何度も作り変えることになります。金属バネを掛ける歯に負担が掛かるため、健康な歯も数年後には悪くなるリスクもあります。

そのため、長い目で見ると、その時は「高価だ」と感じても、自己負担の部分入れ歯のほうが歯に優しく、丈夫で長持ち、コストパフォーマンスが高いという結果になることが多いのです。

 
キレイでいられる部分入れ歯ガイド