部分入れ歯を上手に選び、快適に暮らすための情報をまとめました

HOME » 目的に合わせた部分入れ歯の選び方

目的に合わせた部分入れ歯の選び方

ずっと自分の健康な歯で暮らしたいと誰しもが願いますが、加齢や虫歯、アクシデントなどで歯を無くす方は多数おります。

人間の歯は上下あわせて32本あります。

厚生労働省の調査によると平均残存歯数は、40代で26本、50代で23本、60代で21本と、歯の欠損は年齢が上がるに従い増えていきます。

歯が無くなってしまった場合は、そのまま放置しておくと、健康を損ねてしまうことも多々あります。食べ物がよく噛めなくて胃腸に負担をかけたり、噛み合わせが悪くなり顔がゆがんでしまったり、残った歯に負担がかかり全体的に歯が悪くなってしまうことも。

そのため、歯科医院で部分入れ歯を作ることをおすすめします。

実は部分入れ歯の種類はたくさんあるのです。

技術的に難しい種類の部分入れ歯などであれば、作成できる歯科は限られてきます。

部分入れ歯を作るにあたって、譲れない条件があると思われます。

入れ歯だと分からないような見た目にしたい
おいしく食事を食べたい
とにかく安く作りたい

など、目的に合わせた部分入れ歯作りができるように情報をまとめました。参考にしてみてください。

 
キレイでいられる部分入れ歯ガイド