部分入れ歯を上手に選び、快適に暮らすための情報をまとめました

HOME » 部分入れ歯で知っておきたい基礎知識

部分入れ歯で知っておきたい基礎知識

部分入れ歯を作る前に知っておいたほうがよい基礎知識をまとめました。参考にしてみてください。

部分入れ歯を作る費用はどのくらいかかる?

部分入れ歯にかかる費用は、選ぶタイプや本数、歯の場所によって変わってきます。

まず健康保険が効くもの、保険外診療の部分入れ歯もあります。保険適用の部分入れ歯は5,000円~15,000円程度です。

一方、保険が効かない自費診療の部分入れ歯は、数万円から。方式や素材、部分入れ歯の種類によっては1,000,000円以上になる場合もあります。

自費診療の部分入れ歯は高価になりがちですが、基本的に審美性が高く、一見しても、入れ歯だとわからない精巧かつ自然な仕上がりになります。

部分入れ歯ができるまでの期間とは?

一般的なプロセスとして、部分入れ歯を作る場合、まず歯科医に行って診療を受けます。

虫歯や歯の疾患があれば、そちらの治療を先に行います。その後、来院者の歯の状態や予算、目的に応じ、どの部分入れ歯にするかカウンセリングします。

部分入れ歯が決まったら型を取り、製作に入ります。完成後、入れ歯を装着。

保険適用の部分入れ歯で、最低2週間から1ヶ月かかります。自費診療の部分入れ歯だと精密に作るため工程が増えて、さらに時間がかかるケースもあります。

部分入れ歯のアフターケアを忘れずに

部分入れ歯は完成し、装着したらそれで終わりではありません。

食事をするなど、実際に生活してみなければ、本当に合っているのかどうかわからないからです。そのためのアフターケアは欠かせません。

「ものが噛みにくい、咀嚼できない」「部分入れ歯が周囲に当たって痛い」「フィットしていない感じがする」といった違和感があるようなら、再度診察を受け、必要であれば入れ歯を補修します。

可能な限り快適に過ごせるよう、アフターケアは気にかけておきましょう。

 
キレイでいられる部分入れ歯ガイド