部分入れ歯を上手に選び、快適に暮らすための情報をまとめました

部分入れ歯Q&A

部分入れ歯をはじめて作る方が疑問に思うことをまとめています。

部分入れ歯を入れていることを人に知られたくないのですが?

保険診療の部分入れ歯は、金属バネがあるため場所によっては、バネが見えてしまいます。

自費診療の部分入れ歯の中には、バネが目立たないもの、バネを使っていないものなどあります。そちらであれば、見ただけでは部分入れ歯の装用は分かりません。

部分入れ歯にすると食事がまずくなるのでは?

部分入れ歯では、フィットしていないと噛みにくい場合があります。

しかし、精度が高く、口内にフィットする入れ歯であれば美味しく食事をとることが可能です。

突然外れたりはしませんか?

極端にゆるんでいたり、よほど合っていないかでなければ、突然外れることはありません。

部分入れ歯ができるまでは、歯が無い状態でしょうか?

仮入れ歯を作ってくれるクリニックであれば、歯がない状態で数週間待つことはありません。

入れ歯を作成するまえに、クリニックに確認しましょう。

部分入れ歯は痛いのでしょうか?

フィットしていない部分入れ歯を使用することで歯茎や支えている歯に負担がかかり痛みを感じることはあります。

きちんと調整をしてくれるクリニックや、入れ歯自体が精巧な作りであれば、痛みを感じることはほとんどありません。

定期健診は必要ですか?

部分入れ歯は作れば終わりではなく、メンテナンスをして使っていくものです。

入れ歯自体に汚れが溜まったり劣化するだけでなく、口内の状態も変化していきます。

調整が必要な場合もありますので、半年に1度程度の頻度で歯科クリニックに見てもらう方がよいでしょう。

歯が抜けたままで放置するとどうなりますか?

歯が抜けたままですと、残った他の歯への負担が増大して、歯の寿命を縮めることになります。

また、抜けた部分を埋めるように、他の歯が動いてしまいます。それによって、噛み合わせが狂い、体の不調につながるケースもあります。

 
キレイでいられる部分入れ歯ガイド