キレイでいられる部分入れ歯ガイド

部分入れ歯を上手に選び、快適に暮らすための情報をまとめました

美しい口元とおいしく食事ができる新・部分入れ歯

何かしらの理由で歯を失い、部分入れ歯が必要になった場合、保険適用で作れる入れ歯を選択しようとしていませんか? 

保険適用の部分入れ歯はリーズナブルですが、見た目が気になる、痛みがでるなど不具合がでる不満を感じる方も多いようです。そこで注目を集めているのが、自費診療で作る部分入れ歯です。

  保険診療 自費診療
イメージ 保険診療の部分入れ歯 自費診療の部分入れ歯
メリット・デメリット 【メリット】
費用が安価(5,000円~15,000円)
【デメリット】
×金属部分があるため、一目で部分入れ歯と分かってしまう
×素材が限られるためフィットさせるのが難しく噛みにくい
×金属バネを掛ける歯も痛めてしまう
×割れやすい
【メリット】
一見部分入れ歯と分からない
フィットするため食事がしやすく、話もしやすい
保険診療の入れ歯よりも薄いため、違和感が少ない
【デメリット】
×費用が高い

自費診療の部分入れ歯は、保険診療の入れ歯と比べて費用はかかりますが、審美性に優れ、入れ歯の着用がわかりにくいのです。また噛む力が強く、食事に支障がでにくいのも利点。

部分入れ歯は毎日使うものですから、あらゆる面をトータルして考えれば、最初から自費診療の部分入れ歯にするほうが良いケースが多いのです。

部分入れ歯を作る歯科クリニックの選び方

自費診療の入れ歯は、どの歯科クリニックでも作れるわけではありません。

クリニックの選び方としては、下記の3つの条件を満たしているところがおすすめです。

●性能の良い特殊な部分入れ歯を扱っている
よりフィットするなど快適な部分入れ歯には様々な種類があります。しかし、クリニックで扱いがなければ作れません。

●色々な部分入れ歯を用意しており選択の幅が広い
複数の種類の部分入れ歯を扱っているクリニックであれば、要望や口内の状態、予算に合わせてよりマッチする入れ歯を選択することができます。

●カウンセリングをしっかり行う
口内の状態だけでなく、悩みや希望をカウンセリングで伝えます。その上で、部分入れ歯の種類であったり、製作のスケジュールなどを決定していきます。そのため、初めてにきちんと要望を聞いてくれるかは大切です。

目立たない、ラクに食事がしたいなど、自分が望んでいる治療法に対応しているかどうか、応えてくれるのか否かを確認するのを忘れないようにしてください。

しかしながら、無数にあるクリニックの中から上記の条件にあったクリニックを探すのは、とても大変です。

審美性、 機能性とも優れている自費診療の部分入れ歯を扱っている歯科クリニックの中から、患者から評判の良いところを一覧にまとめています。

各クリニックでおすすめの部分入れ歯や口コミ情報も紹介していますので、検討の際にお役立てください。

優れた部分入れ歯を作れる歯科クリニック一覧はこちらから>>

 
キレイでいられる部分入れ歯ガイド