MENU
CLOSE
TOP » どんなメリット・デメリットがある?部分入れ歯の種類 » ミラクルフィット

ミラクルフィット

金属を使わず、小さくて軽い部分入れ歯、ミラクルフィットのメリットやデメリットをまとめています。

小さくて軽く、吸着力抜群!部分入れ歯ミラクルフィット

ミラクルフィットとはどんなもの?

ミラクルフィットは、金属を使わないので軽く、吸着がよい部分入れ歯。素材の弾力だけで装着するので、違和感や他の歯への圧迫感が小さいのが特徴。残っている歯を大切に守ります。

ミラクルフィットのメリットとデメリット

メリット ・装着のための金属部分がなく、床が小さくて軽い
・24時間装着ができるほど、他の歯への圧迫感が少ない
・残っている歯を揺らしたりしないので、痛めにくい
デメリット ・大きい部分入れ歯には向いていない
・講習を受けた医師でないと入れ歯を作れない
・時々調整が必要

どんな人に向いているの?

不適応 ない
素材 硬めのエステショット、やや硬めのルシトーンFRS、やや柔らかめのフレックススター、柔軟性の高いスーパーポリアミドなど

ミラクルデンチャーと比較すると、小さい部分の入れ歯に適しているのがミラクルフィット。もう歯が2~3本しかないという方には向きませんが、数本の欠損ならオススメです。軽いので着け心地もバッチリ。

ミラクルフィットの費用

ミラクルフィットの愛用者の口コミ

既存の入れ歯も修理できて、信頼できました

被せ物がすり減ってきたので、既存の入れ歯を補修しつつミラクルフィットを作ってもらいました。入れ歯がグラグラすることがなくなり、しっかりしてきました。ありがとうございました。(70代 女性)

食べ物をしっかり噛めるようになったので、胃の調子も良くなった!

長い間保険診療の入れ歯を使っていましたが、外れやすくて不便でした。ミラクルデンチャーになってからは、しっかりものを噛めるので胃の負担が軽くなり、胃が痛むことなくなりました。人前で笑えるようにもなりました。(50代 女性)

1ヶ月できれいな入れ歯を入れることができました!

ブリッジをつけるための歯の根っこが折れてしまったので、ミラクルフィットを使うことにしました。もともと入れ歯のおかげで噛み合わせが良かったので、1ヶ月ほどで入れ歯ができました。痛みも出ず、スムーズでした。(40代 女性)

どの部分入れ歯が良い?
表で見比べてみる>>

首都圏版部分入れ歯名医一覧

クリニックの選び方

どんなメリットデメリットがある?部分入れ歯の種類