MENU
CLOSE
TOP » 部分入れ歯で知っておきたい基礎知識 » 部分入れ歯は自費と保険適用どっちがいい?違いを解説

部分入れ歯は自費と保険適用どっちがいい?違いを解説

入れ歯

部分入れ歯を作る際は、「保険適用の入れ歯」と「自費の入れ歯」を選ぶことができます。

保険適用と自費の入れ歯はそれぞれに長所と短所があるため、自分の歯に合ったものを選ばなくてはいけません。素材や費用、アフターケアなど、保険適用の入れ歯と自費の入れ歯について、それぞれの長所と短所をご紹介します。

保険適用はプラスチック製・自費は色々な素材から選択可能

保険適用の入れ歯は、「レジン」と呼ばれる硬化プラスチックで作られています。一方、自費の入れ歯は素材も作り方もさまざまで、自分の好きなものを選ぶことができます

たとえば、歯茎に当たる「床」という部分に金属を使用すると、熱伝導率を高めて食事の温度が楽しめるようになります。またシリコンを使用してフィット感抜群の入れ歯にしたりと、保険適用の場合よりも自分の理想に近い入れ歯できるのです。

保険適用の入れ歯はすべてプラスチック製なので、割れることを防ぐために床の部分に厚みがあります。一方、自費の入れ歯は金属やシリコンなどが使用できるため保険適用の入れ歯より床が薄く、装着時に違和感の少ない入れ歯にすることも可能です。

人工歯の選択肢も保険適用より自費のほうが幅広い

保険適用の入れ歯はレジン製のため、人工歯の見た目のバリエーションが限られています。人工歯の色が自分の歯と合っていないと、装着箇所によっては入れ歯が不自然に見えて目立ってしまうこともあるでしょう。

一方、自費の入れ歯は色も形態も豊富な種類から選ぶことができます。素材もセラミックなど自然に近い仕上がりのものを選べば、見た目の違和感が少ない仕上がりにすることが可能です。

保険適用の費用は5,000円~16,000円・自費は何十万円の場合も

保険適用の入れ歯は、部分入れ歯の場合5,000円~16,000円ほどで製作できるでしょう。

一方、自費の入れ歯は非常に高額で、使用する素材によっては何十万円という高額なものになることも。費用が高額なぶん、自費専用の特別な機械も使用して製作できるようになります。

また、型取りなどの工程も保険適用のものよりかなり多くなり、手間も時間もかかるところが大きな違いです。

保険適用の入れ歯は自費に比べて寿命が短い

保険適用の入れ歯はプラスチックを使用しています。そのため、セラミックなどの硬い素材で作られた自費の入れ歯と比較すると摩耗しやすく、寿命が短い傾向にあるのです。

ただし、自費の入れ歯でも床や留め具の部分にシリコンなどの柔らかい素材を使用したものは、保険適用のものに比べて耐久性が劣る場合があります。

保険適用は金属パーツで固定・自費はプラスチックパーツ

保険適用の入れ歯の場合、金属製のパーツで入れ歯を固定します。金属のパーツを隣の歯に装着して固定するので、固定する歯に傷がついてしまうことも。また、部位によっては笑ったときなどに金属パーツが見えやすく、入れ歯が目立ってしまうケースもあるでしょう。

自費の入れ歯では、金属のパーツを使用せず目立たないプラスチックパーツで装着する方法があります。また、外から見えない部分にのみ金属パーツを使用する方法も選択可能です。

さらに、入れ歯と歯茎に磁石を入れて固定する方法もあります。磁石で入れ歯をくっつけるので、固定パーツを使用しているものより取り外しが簡単です。

メンテナンス頻度はどちらも半年に一度が目安

保険適用の入れ歯と自費の入れ歯で、メンテナンスの頻度に大きな違いはありません。

最初はぴったり適合するように作ってもらった入れ歯でも、加齢による歯茎の衰えや入れ歯自体の経年劣化によって、段々と噛み合わせが合わなくなってくることが多いです。違和感のある入れ歯を使用し続けると、口内環境が悪化して口内炎や歯肉炎などの原因になることもあります。

どちらの入れ歯を使用している場合でも、半年に一度は歯科に通院して定期的にメンテナンスを受けることが大切です。

保険適用は修理が手軽・自費は時間がかかる

保険適用の入れ歯、自費の入れ歯ともに、プラスチック製であれば修理が可能です。大きな作り変えの必要がなければ、院内で修理することもできます。口に合わなくなってきたという場合でも、足りない部分に材料を盛ったり、口内に当たってしまう部分を削ったりして細かい調整が可能です。

一方、プラスチック製ではない人工歯で作られた自費の入れ歯の場合は、修理に時間がかかってしまいます。また、素材や状況によっては修理そのものが難しい場合もありますので、一度作った歯科で相談してみましょう。

保険適用に比べて自費のほうが食事の温度を感じやすい

保険適用の入れ歯はプラスチック製のため、熱伝導率はあまりよくありません。そのため、熱い、冷たいといった食事の温度を感じにくくなることがあります。

自費の入れ歯では薄いシリコンや金属を使用できるので、保険適用の入れ歯と比較して熱を感じやすいです。口内の違和感が保険適用の入れ歯と比べて少ないため、食事も違和感なく食べることができます。

保険適用の入れ歯より自費のほうが話しやすい

保険適用の入れ歯はプラスチック製なので、割れることを防ぐために床の部分にどうしても厚みが出てしまいます。この床の厚みが口の中を狭くしてしまうため、舌を動かせる範囲が狭くなり、話しにくいと感じる方も多いです。

自費の入れ歯は、保険適用の入れ歯よりも薄く作れるだけでなく、より精密な検査や作業工程を踏んで作られています。そのため、口の中が狭くなることも少なく、保険適用の入れ歯よりも話しやすいことが多いでしょう。

自費の場合は保険適用よりも顔の印象が変わりにくい

保険適用の入れ歯は、床の厚みが原因で、外から見たときの顔の印象が違って見えることがあります。また、入れ歯を作る前に歯がない状態で生活をしていたり、歯茎が衰えて口元にハリがない状態だった場合、床が厚い保険適用の入れ歯を入れると余計に見た目への変化を感じるかもしれません。

自費の入れ歯は保険適用のものよりも薄く作ることが可能です。また、製作途中で仮合わせなどを挟みながら精密に製作していくので、保険適用の場合よりも違和感なく口内に合わせることができます。

噛んだときの刺激もしっかりと歯茎に伝わるので、口周りの筋肉の衰退や、歯茎が痩せるのを予防する効果も期待できるでしょう。筋肉や歯茎がしっかりと保たれると口元のハリが衰えていくことを防げるので、保険適用の入れ歯に比べて顔の印象は変わりにくいです。

保険適用はこまめな洗浄が必要・自費は汚れにくい

プラスチック製の保険適用の入れ歯は、傷が付きやすく高温にも弱いです。入れ歯の表面に傷が付くと汚れも付きやすくなるので、こまめな洗浄などのケアが必要になります。

自費の入れ歯は、素材にもよりますが保険適用の入れ歯よりも汚れにくいものが多いです。また、密着感があり歯茎部分に食べかすが入りにくいという特徴も。お手入れ方法も素材によって異なるので、入れ歯の素材に合ったメンテナンスを心がけましょう。

首都圏版部分入れ歯名医一覧

クリニックの選び方

どんなメリットデメリットがある?部分入れ歯の種類