部分入れ歯を上手に選び、快適に暮らすための情報をまとめました

HOME » 目的に合わせた部分入れ歯の選び方 » とにかく価格を抑えたい

とにかく価格を抑えたい

部分入れ歯の中で、リーズナブルに作れる保険適用の入れ歯について説明しています。

保険が適用できる部分入れ歯の費用

部分入れ歯には様ざまな種類があります。大きく「保険適用」と「自己負担(保険適用外)」に分けられ、素材や装着方法などによってさらに細かい種類に分類されます。

費用を抑えたいと考えているなら「保険適用」の部分入れ歯がおすすめです。価格はおおよそ5,000円~14,000円程度(プラスチックの樹脂の種類、歯の欠損数によって異なる)。

部分入れ歯は歯の代わりとなる人工歯、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の義歯床、これらを固定するためのクラスプ(金属バネ)によって構成されています。保険適用で用いる素材は、人工歯と義歯床はレジンと呼ばれるプラスチック樹脂、クラスプは金属に制限されています。

その他の素材を使った部分入れ歯を利用したいのであれば、保険適用外(自費診療)となります。

保険適用部分入れ歯のメリット

保険適用のメリットは、手頃な費用で作ることができることはもちろん、適用範囲が広く、ほとんどの症例に使用可能な点にあります。

また、短期間で作ることができるので、歯を失ってから時間を置かずに使うことができます。取り外せるため手入れが簡単で清潔を保てます。

保険適用部分入れ歯のデメリット

保険適用の部分入れ歯は、人口歯を固定するためのクラスプ(留め具)が金属になるため、どうしても口を開けたときに目立ってしまいます。

プラスチック樹脂は割れやすいなど、金属に比べると耐久性が劣るため、強度を出すために厚めに作った義歯床に違和感を覚えることもあります。また、クラスプ(金属バネ)を固定するために周囲の歯を少し削ります。健康な歯を削る場合は、虫歯などのリスクが高くなる可能性があります。

また、クラスプを掛ける歯に負担が掛かるため、数年後にはその歯も悪くしてしまうのが最大の難点です。

長く快適に使うなら自費診療の選択も

保険適用の部分入れ歯はとてもリーズナブルですが、自分の身体の一部として、長く使うことを考えると、デメリットが多くあります。種類豊富で自分に最適なものが選べ、歯に負担をかけない

自費診療の入れ歯を使うほうがコストパフォーマンスが高いかもしれません。なお自費診療の部分入れ歯には「医療控除」が適用されるものもあります。

 
キレイでいられる部分入れ歯ガイド